喪主が長女の場合 | セレモニーガイド

喪主が長女の場合

喪主が長女の場合

喪主は、法的に決まりがない

スポンサードリンク

葬儀やお通夜の準備を行う場合、喪主を決めてから進めることになるのですが、故人の遺言があるならそれを尊重し決定することになります。遺言等がない場合は、配偶者、或いは長男、次男、長女、次女など故人と直系の男子または女子、或いは故人の両親が引き受けることになります。このように、故人と深い縁にある人が喪主を務めるのが一般的ですが、法的には特別な決まりはありません。

現代は少子化ということもあって、故人のお子さんが女性一人だけの場合も少なくありません。既に故人の配偶者が亡くなっていて、娘さんも結婚している場合もあります。このように、苗字が夫の姓になっている娘が喪主になることももちろん可能です。お子さんの夫が喪主になることもできますのでどちらでも良いのですが、親戚やご近所の方などに対応することを考えると娘さんが喪主になった方が良いとも言えます。それに、中には故人の娘の夫が喪主を行うことを快く思わない義父義母もいますから、慎重に決めることをお勧めします。

また、生前故人を長く介護していたのが長男ではなく長女である場合も少なくありません。この場合も、故人が生前同居していたのが長女であれば長女が喪主を務めるのも皆納得できるでしょう。他にも、故人の遺言の中に喪主を長女にお願いしたいと記載されてあれば、やはりそれを尊重していくことになります。

ただ、喪主を引き受けると、必ず「祭祀継承者」にならなくてはいけないと認識している方も中にはいらっしゃるようです。祭祀継承者とは、「系譜」と「祭具」と「墳墓」を引き継ぐ人。簡単に言えば、お墓や仏壇などを継ぐ人のことです。こういったものは、分けて相続してしまうと、法要を行う時に何かと面倒になってしまいます。ですから、一人が引き継ぐことになっているのです。

法律を見ると、喪主が必ず祭祀継承者になるといった決まりはありません。喪主を引き受ける引き受けないに関係なく、祭祀継承者については話し合いで決定することになります。話し合いで決まらなかった場合は、家庭裁判所の調停や審判で決定することとなります。ですから、既婚の娘が喪主を引き受けてもデメリットのようなものはないといって良いでしょう。長男が喪主でも長女が喪主であっても、やるべきことは同じです。

また、長女が喪主を引き受けた場合、親戚やご近所の方と話しやすいといったメリットもあるかもしれません。ただ、これもあくまでも一つのイメージです。いずれにしても、葬儀をスムーズに進める為にもよく話し合って決めることが必要です。

お葬式の費用

ご予算に応じた3つのプラン

スポンサードリンク

■家族葬プラン
「家族葬」は、故人の家族を中心にして、より近しい人のみで行われる少人数の葬儀です。「家族葬」という独特の名前はついているものの、葬儀の流れは、一般的な葬儀とほとんど変わりません。ただ、家族や身内が中心であるため、自由な形式で催しやすい点は大きな特徴の1つです。相場としては、40万円~50万円というプランが多いです。

家族葬プランの詳細


■一日葬プラン
一日葬では、火葬の当日にお葬式が行われるので、式自体は一日で終わります。従来のお葬式との大きな違いは、“お通夜がない”という点です。一日葬の費用相場は、30万円~40万円程度です。プランやオプションなどにもよりますが、従来のお葬式と比べれば、5割以上費用を抑えられることも、メリットです。

一日葬プランの詳細


■火葬式プラン
火葬式では、基本的に、従来型の葬儀では行われている通夜や告別式は行われません。亡くなった方(故人)を火葬場にて火葬することで、葬儀が完結するスタイルです。通夜や告別式を行わないことから、「直葬」の1つとしても知られています。火葬式の費用相場は、20万円以下(17万円~19万円台後半)です。

火葬式プランの詳細

葬儀ニュース&コラム

スポンサードリンク

日本で年間に亡くなる人は平成27年に130万人を初めて突破した。少子化が原因で人口が減少、高齢化はさらに進みます。亡くなるときにひとり暮らしだったり、死後のことを託せる家族がいなかったりする人が今後増えていきます。そんな状況を見据え、当サイトは、葬儀の最新ニュースや終活、葬式のFAQについて紹介していきます。

>> 新着情報はこちら

急なお葬式!葬儀社選びのポイントは?

葬儀社選びのポイント

葬儀社選びは、遺族の代表としてお葬式をまとめる喪主...

>> 葬儀社選びのポイントの詳細

お葬式の流れ・日程

お葬式の流れ・日程

「葬儀」と「告別式」は異なるものです。葬儀は、宗教的儀式。告別式は、

>> お葬式の流れ・日程の詳細

喪主の仕事

喪主の仕事

葬儀を行う場合、できるだけ早めに喪主を決める必要があります。そして、

>> 喪主の仕事の詳細

喪主が長女の場合

喪主が長女の場合

葬儀やお通夜の準備を行う場合、喪主を決めてから進めることになるのですが、

>> 喪主が長女の場合の詳細

斎場と火葬場の違い

斎場と火葬場の違い

身内にご不幸があり葬儀の準備をする側になるまでは、葬儀についてほとんど

>> 斎場と火葬場の違いの詳細

↑ PAGE TOP