お葬式の流れ・日程 | セレモニーガイド

お葬式の流れ・日程について

お葬式の流れ・日程

病院でお亡くなりになる方が多い

スポンサードリンク

病院でお亡くなりになる方が多いですが、その場合は医師から「死亡診断書」をもらうことになります。左側が「死亡届」になっていますので、届出人が署名、捺印してコピーを一部とってから役所に提出してください。早めに、病院からご遺体を移動しなければなりません。ご遺体をどこに移動するのか決めてから、葬儀社に連絡するようにしてください。葬儀社が決まっていない場合は、病院から紹介を受けることもできます。また、自宅で亡くなった時は、主治医の死亡判断が必要になります。注意してほしいのは、突然亡くなった場合は警察の現場検証があるので、ご遺体を動かしてはいけないということです。

葬儀を行う場合、最初に決めて頂きたいのが喪主です。そして、葬儀社のスタッフとお通夜や葬儀を行う場所や日時、予算、どれくらいの規模になるのかについて打ち合わせを行います。また、菩提寺がない方は、それについても葬儀社に相談してください。その際、宗旨や宗派の確認が必要です。菩提寺がある方は、連絡が必要。戒名などについても進めていかなければなりません。

「葬儀」と「告別式」は違うもの

「葬儀」と「告別式」は異なるものです。葬儀は、宗教的儀式。告別式は、会葬者が故人にお別れを行う為の儀式です。かつては、葬儀と告別式を別々に行うことが多かったのですが、現在は一緒に行うことが多いようです。葬儀の当日は、開始する一時間前には会場に到着し、葬儀社と打ち合わせを行ったり受付の準備などを行ったりします。多くの場合、司会は葬儀社の方で行ってくれます。

葬儀では、最初に僧侶による読経があり、その後弔辞や弔電の紹介を行います。弔電を紹介する順番は、故人と繋がりが強かった人から。その次に喪主の関係者となります。弔辞は、故人と仲が良かった人、或いはお孫さんなどが行うことが多いようです。弔辞や弔電の次は、お焼香になります。はじめに僧侶が行います。その後、喪主が行い、遺族、参列者の順番で行われます。お焼香が終わったら喪主の挨拶。そして、閉会の言葉と続きます。

閉会の言葉の後は、「別れの儀」になります。故人と深い繋がりのあった方だけが参加して、最後のお別れを行います。棺の中に、故人の大切にしていたものなどを入れたり、故人の周りをお花で飾ったりした後、「釘打ちの儀」へ。喪主の挨拶が行われたら、出棺となります。

火葬後遺骨をお迎えできるように、数名は火葬場には向かわず残るようにします。火葬場に向かう時は、「火葬許可証」が必要ですので忘れずに持参するようにしてください。火葬、骨上げが行われ、還骨法要。次に精進落としが行われ、これをもって葬儀が閉式となります。

お葬式の費用

ご予算に応じた3つのプラン

スポンサードリンク

■家族葬プラン
「家族葬」は、故人の家族を中心にして、より近しい人のみで行われる少人数の葬儀です。「家族葬」という独特の名前はついているものの、葬儀の流れは、一般的な葬儀とほとんど変わりません。ただ、家族や身内が中心であるため、自由な形式で催しやすい点は大きな特徴の1つです。相場としては、40万円~50万円というプランが多いです。

家族葬プランの詳細


■一日葬プラン
一日葬では、火葬の当日にお葬式が行われるので、式自体は一日で終わります。従来のお葬式との大きな違いは、“お通夜がない”という点です。一日葬の費用相場は、30万円~40万円程度です。プランやオプションなどにもよりますが、従来のお葬式と比べれば、5割以上費用を抑えられることも、メリットです。

一日葬プランの詳細


■火葬式プラン
火葬式では、基本的に、従来型の葬儀では行われている通夜や告別式は行われません。亡くなった方(故人)を火葬場にて火葬することで、葬儀が完結するスタイルです。通夜や告別式を行わないことから、「直葬」の1つとしても知られています。火葬式の費用相場は、20万円以下(17万円~19万円台後半)です。

火葬式プランの詳細

葬儀ニュース&コラム

スポンサードリンク

日本で年間に亡くなる人は平成27年に130万人を初めて突破した。少子化が原因で人口が減少、高齢化はさらに進みます。亡くなるときにひとり暮らしだったり、死後のことを託せる家族がいなかったりする人が今後増えていきます。そんな状況を見据え、当サイトは、葬儀の最新ニュースや終活、葬式のFAQについて紹介していきます。

>> 新着情報はこちら

急なお葬式!葬儀社選びのポイントは?

葬儀社選びのポイント

葬儀社選びは、遺族の代表としてお葬式をまとめる喪主...

>> 葬儀社選びのポイントの詳細

お葬式の流れ・日程

お葬式の流れ・日程

「葬儀」と「告別式」は異なるものです。葬儀は、宗教的儀式。告別式は、

>> お葬式の流れ・日程の詳細

喪主の仕事

喪主の仕事

葬儀を行う場合、できるだけ早めに喪主を決める必要があります。そして、

>> 喪主の仕事の詳細

喪主が長女の場合

喪主が長女の場合

葬儀やお通夜の準備を行う場合、喪主を決めてから進めることになるのですが、

>> 喪主が長女の場合の詳細

斎場と火葬場の違い

斎場と火葬場の違い

身内にご不幸があり葬儀の準備をする側になるまでは、葬儀についてほとんど

>> 斎場と火葬場の違いの詳細

↑ PAGE TOP